« 最終地点オランダへの旅⑤:アムステルダム | トップページ | 例年より早く »

いよいよ最終日⑥:アムステルダム

近くにパン屋さんが何軒かあったので、姪っ子二人と朝食のパンを買いにお出掛け♪

するとまぁビックリeye 昨晩はお祭りがあったわけでもなく、普通の日曜日の夜。。。

街の中心の広場がshock・・・広場がsweat01ゴミだらけではないですかwobbly

水圧で吹っ飛ばしてdash掃除中でしたsweat02

P1000321 P1000326 P1000327

今日の予定はrekoプロデュースで、美術館巡りとなりました。なんといってもアムステルダムは世界一博物館が多いのだそうです。

今回初めてトラムで移動。回数を乗らないのでパスは買わず乗る時に切符を買おうとしたら、車内に車掌さんのコーナーがありました。いかにトラムが大きいか、です。

P1000332

アムステルダム国立博物館

P1000334

ここには世界三大名画の一つレンブラント・ハルメンス・ファン・レインの『夜警』があります。 (他はディエーゴ・ベラスケスの「宮廷の待女たち」、エル・グレコの「オルガス伯爵の埋葬」)

それと少し前に日本に来ていて話題となった、ヨハネス・フェルメールの『牛乳を注ぐ女

しかし今年末まで6年に及ぶ大改修工事のため、館内はかなり狭くなってしまっていたようです。

次は歩いてすぐのファン・ゴッホ美術館

P1000336

オランダ時代からパリ、アルル、サン・レミの精神病院時代、と各時代順に展示されていて、かなりの展示数でした。

ここの中で、みんな特に『ひまわり』で足を止めるわけではなく、その前はむしろ空いていたのがなんとなく面白かったです。この美術館内が今までで一番日本人を見かけたような気がします。

個人的には、ゴッホに関しては数年前にアルルへ行った時の衝撃の方が強かったかな・・・。

館内のカフェでそれぞれ好きな物をチョイス。北海に面した国らしいサラダです♪

P1000337

全員がカナル・バイク(運河を自分で運転するボート)に乗る事を楽しみにしていたのですが、残念ながら時間ぎれheart03これはかなりの心残りです。

まだ風車がある村なども見てみたいし、いつかまた来てみたいですね。。。

しかし自転車大国とは聞いていたけれど、優雅に街を走る♪

P1000286

ではないんですwobbly車道、自転車道、歩道があって、自転車はかなりのスピードが出ているので、歩行者が注意しなければなりません。日本で今流行っている感じではなく、ごく普通の人達が交通手段として乗っているだけなのですが、速い!!!

あっという間に時間は過ぎるもので、空港で余裕でショッピングの予定がそんな余裕も無くなりsweat01今回の旅は幕を閉じたのでした。

P1000341

姪っ子達の初海外旅行、それぞれに色々感じたことはあると思います。

(人と会話をする時は、相手の目を見なさい。表情を豊かにしなさい。Yes、Noはっきりしなさい。なども今回の旅の中で勉強しましたconfident

今回体験した事はすぐにではなくても、これから先自分達で経験する色々な場面で少しでも思い出してくれればいいな、と思います。

そんな事を父は祖父として孫達に伝えたかったのではないでしょうか。

長い旅日記、お付き合い頂きありがとうございましたm(_ _)m。

|

« 最終地点オランダへの旅⑤:アムステルダム | トップページ | 例年より早く »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

Meggiさん
お忙しいのに、写真いっぱい、楽しさいっぱいの旅行記を有り難うございました。

そうそう確かに今はかなりの予約や情報収集は日本に居ながらPCでできるんでしょうね。すごい時代になったものだなぁ。

自分がいつも旅を終わって思った事…
①自分なりにイメージを描いて予定をたてて実行した
 自分を少し誉めちゃおう
②旅の心残りは次回の旅の予告編だ
③でも人生は一期一会、かけがえのない経験よ、出会い よありがとう!

ちびちゃん達の心に、そして人生に残る旅となりますね。
私達も一緒に連れて行っていただいたようでした。
Meggiさん、ありがとう!これからも私達の味の旅の名コンダクターでいてくださいねkey

投稿: Naoko | 2009年8月30日 (日) 16時22分

ほんとにほんとにほんとにほんとにお世話になりました!前回のドイツから十数年、この間、3人が生まれていろいろ一緒に経験してもらったけど、今回は何から何まで、きっと私がずっと気付かないかもしれないことまで尽力してくれてありがとうdog

力作のブログはずっと宝物だね!
またいつか一緒に行こうね!!!

投稿: reko | 2009年8月30日 (日) 16時31分

旅行記を読ませていただいたら・・・なんだか海外に行きたくなっちゃったなぁ☆
“meggiさんと一緒に行くスイーツの旅”なんて企画があったら、飛びついちゃいます♪

電車移動のところは、かなり興味津々で見入ってしまいました。(笑)
3人の姪っ子さん達もこの旅をきっかけに何かが変わるかもしれないですね。(将来の展望とか、これから新しいことを始めるぞ!とか)
あまり幼い頃に海外へ連れて行くより、これくらいの頃に連れて行ってあげると、とてもいい経験になりそうだなぁと思いました。


投稿: ai | 2009年9月 6日 (日) 11時54分

>Naokoさん
大変遅くなりましたが、とても心のこもった素敵なコメントをありがとうございます!
何度も読み返してしまいましたconfident
今後ともどうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

投稿: meggi | 2009年9月 9日 (水) 23時45分

>rekoさん
想像以上にとても楽しい旅行だったね!こちらこそありがとう!
タイミングが合った時に計画を実行に移すって大事ねgood
何より機会を与えてくれたジャムおじさんに感謝。。。

投稿: meggi | 2009年9月 9日 (水) 23時52分

>aiさん
コメントありがとうございます!
aiさんは電車の旅がお得意でしたね。計画されたらきっとすごく密に動かれるのでしょうね。私は昔休暇中、朝はオーストリアにいたのに午後になったらドイツの北の方にいてシェフに呆れられた事もありました。
子供達はちょうど良い頃だったと思います。アンネも近い歳でしたし、勉強(文法)の英語ではなく会話の英語にも触れて。それになんといっても荷物も持てるのが一番ですsmile

投稿: meggi | 2009年9月10日 (木) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232446/31146951

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ最終日⑥:アムステルダム:

« 最終地点オランダへの旅⑤:アムステルダム | トップページ | 例年より早く »