« まだまだ暑いですが・・・ | トップページ | 最終地点オランダへの旅⑤:アムステルダム »

スイス鉄道の旅④:チョコレート列車 Train du chocolat

これに乗ってみたいためだけにここまで来ました!

どんなに駆け抜けるような旅でも今日は一日ゆっくりチョコレート列車でお出掛けです。

快晴!

9:25 モントルー駅出発。中も外も特別な列車ですshine

この列車にも一等車用スイスパスがあればお安く乗ることが出来ますgood

P1000183

切符と人数の確認後、すぐにコーヒーとチョコクロワッサン、ミニ板チョコのサービスheart04

(車掌さんは、フランス語ドイツ語英語を使い分けてくれます)

P1000191 P1000186 P1000187 P1000193_2 

あまりの良いお天気で先ほど配られた板チョコは早くもソフトにshockお土産に買う事はこの時点で断念しましたweep

座席を予約する時は、こっちの車両か↑こっちの車両か↓選べます。

P1000240 P1000195

10:45 グリュイエール駅着

P1000197

グリュイエールチーズ工場見学。(日本語のmobilephoneガイド有り。牛のさくらんぼさんが説明してくれますear

アッペンツェルは村へ入った途端、強烈なニオイがしますが、ここは全くありません。

まずは色々な香りのテイスティング

P1000198

生産地域が決まった約200のチーズ製造所が3億3千kgの牛乳から27500tのグリュイエールを製造し、三分の二はスイス国内で消費され、三分の一がヨーロッパや北アメリカへ輸出されています。だから日本へはわずかでお高いのですね。

P1000199 P1000201 P1000204 P1000202

11:30 バスで丘の上のグリュイエール村へ。自由時間

P1000238

とても可愛らしい村ですheart04すんごい日差しsunの中ランチタイム。

P1000207 P1000211

チーズを溶かしながら溶けた部分をじゃがいもに付けて頂くラクレット。

注文は2名分~ですが、3、4人でも2名分で十分です。後はサラダと子供用に少々注文すればOK。

溶け出したすぐのところをとってもよし、少々焦げ目を付ける程度まで待ってから取るのもよし。う~んdelicious

P1000218 P1000219 P1000225

こんな小さな村にもお城もあり、スイスは谷ごとに方言が違うというのが分かるような気がします。

P1000233

13:55 再びバスで駅へ。

14:09 グリュイエール駅発

村は本当に丘の上でした↓

P1000239

14:36 ブロ駅着

Cailler カイエチョコレート工場見学

(フランス語、ドイツ語、英語に別れて説明してくれる)

ここはカイエ氏が造ったスイスで最初のチョコレート工場です。

元々はカイエ氏の元にネッスル氏が来て、とか色々あったみたいですが、今は最大手となったネッスルに買収されています。

しかしCaillerは独自ブランドを作り続けています。それなのに何故世界にあまり名前が知られていないかというと、ここで製造された40%しか輸出しないからだそうです。

CaillerとNestleの違いは、Caillerはスイスで唯一生乳を使い、Nestleは粉ミルクを使う事だそうです。

ミルクチョコレートを作る事に最初に成功したのはスイスですからね。

しかし工場見学というわりには・・・工場は見た???eyeheart03

説明と、説明と、映像と・・・試食

P1000257

P1000245

私にはおなじみのカカオ豆ですが、家族のものはその苦さに驚いていました。(苦さに驚いたというよりは、きっともうチョコレートの味を想像していたのではないかと・・・)

P1000246

 

試食はお好きなだけheart04

P1000248

P1000251

昔の包装紙

P1000256

P1000252_2 P1000254_2

16:00 ブロ駅発。

P1000265

最後にチーズの試食が配られ、 チーズ工場の時に欲しかった・・・と残念がっていた兄ですがワインと良く合いますよwinkと言われ、ホテルへ帰る前に早速買いに走っていましたsmile

P1000269

P1000271_2

,

,

,

,

,

,

,

あ~楽しかったheart

18:10 モントルー着   チョコレート列車の旅、終了~。

大きな地図で見る

|

« まだまだ暑いですが・・・ | トップページ | 最終地点オランダへの旅⑤:アムステルダム »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おかえりなさーい
なんて素敵な旅行なの~!tulip
ブログを見るだけでもこっちまでわくわくしますhappy02

投稿: はるmo | 2009年8月24日 (月) 14時01分

>はるmoちゃん
ただいまです!
コンスタンツでシッパース家族に会った時、子供同士はなっちゃんから頂いた旅のお供を分けてあげたりして交流してました!美味しいって言って食べてたheart04どうもありがとう。

投稿: meggi | 2009年8月25日 (火) 00時21分

ほんとに素敵な旅だね!私も一緒に旅行しているような気持ちになります。あーほんとめぐみちゃんガイドのドイツはどんなツアーよりも楽しそう。私が初めて海外旅行に行ったのも丁度三つ子ちゃん達とおんなじような年頃でした。今でも鮮明に覚えているよ。そして両親に感謝しています。

投稿: 飛鳥 | 2009年8月28日 (金) 22時23分

>飛鳥ちゃん
飛鳥ちゃんもその頃だったのね!
>そして両親に感謝しています。
素敵shineそうそう、有難みってだいぶ先になってからわかるのよね。はい、私もそうです。

投稿: meggi | 2009年8月30日 (日) 01時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232446/31064890

この記事へのトラックバック一覧です: スイス鉄道の旅④:チョコレート列車 Train du chocolat:

« まだまだ暑いですが・・・ | トップページ | 最終地点オランダへの旅⑤:アムステルダム »