« お孫ちゃん | トップページ | ドイツ訪問記Ⅱ:マジパンの街へ »

ドイツ訪問記Ⅰ: アットホームな結婚式

ドイツに到着した夜は小雨が降る20℃あるかないかの涼しさに驚きましたが、結婚式の週末は見事に晴れ渡りました。

地元の教会での式と馴染みのお店での披露宴。身内だけのアットホームなパーティーでした。

P1010506

Hier klicken,bitte ↓

通常の流れとしては、午前中に役所で籍を入れる式があり、午後に教会→カフェ→夕食なのですが、式の土曜日もお昼まではお店を通常通り開けるという事で、少し前に籍はもう入れてありました。

その時を境にしたのかは分かりませんが、弟トーマスと母親のブレヒト夫人が空港に迎えにきてくれてお店に到着すると、この度の花嫁さんがちょっと出て来てくれた後、弟トーマスがすぐに「気付いた?彼女がお母さんにDuで話してたの気付いた?」とニコニコ言うのです。(一般的に彼女になれば結婚はしていなくても尊敬語のSieから身近な人に使うDuに変わるのですが、従業員とオーナーという関係でもあったため、そこははっきり分けていたのでしょう)着いてすぐそんな身内の話題が心がほんわか嬉しくもありましたheart

P1010480P1010478

翌日になってシェフも夫人同様、私が来る事を直前まで知らなかったと言うし、他にも数人に驚かれて意味が分からなかったら、メールでやりとりしていたため兄弟とお嫁さんで両親を驚かせるため秘密にしていたのでした。シェフは私に会うなり、主賓だshineとかなんとか言いつつ、しっかり助っ人人員に組み込み、昨晩着いたとは思えぬ忙しさとなりました。

P1010474P1010475P1010477P1010476

大好きな朝食のパンと朝市に並ぶ魅力的な果物たち

まずは大変お世話になったシニア夫妻のお墓参りをしようとお花屋さんへ行くと、顔を見るなりMegumi!?と名前まで覚えていてくれてビックリwobblyもう13年も前なのに・・・。

工房でちょこちょこ手伝っているとシェフが「始めて来たのって20年前だよね」と首を振りながら言ってる側から弟が工房を横切りながら「まるで昨日までもいたかのようだねwink」と言って通り過ぎて行きました。そういう彼は当時小学生で、目が覚めていない状態で工房を横切って毎朝学校へ通っていたのです(笑)

夕方は花嫁さんヴェラと一緒に教会の飾り付けへ。

P1010486P1010485

さぁ、後はいよいよ明日の本番のみ!

という訳には行くはずもなく、結婚式用のカフェのケーキの準備も明日のお店用のパンなどもあるわけで。。。シェフも新郎も夜中スタート、私も時間差でmoon31時スタートdash

そんなドタバタを駆け抜け、晴れ渡る空の下いい結婚式が行なわれました。

P1010495P1010499

P1010498P1010505P1010507

教会は誰でも参列していいので街の人も多かったのですが、そこでもまた沢山の方が私に声ををかけて下さり、思いがけない嬉しい一時でしたhappy02

教会から会場への移動は、クラクションを鳴らしながらクラシックカーが多いのですが、弟のセンスでこんな車eye親に阻止されぬされぬよう最後まで内緒でレンタルしてきましたcoldsweats01

P1010512P1010514

P1010520_2P10105291_2 P1010531_3

P1010543_2P1010544_2P1010545_2P1010549_2

弟カップルからのプレゼント【金のなる木】みたいな感じ。他のプレゼントを見ても、一工夫した中にお金が入っていたりする物を見かけました。

みんなで願い事を書いて飛ばしたり・・・

P1010550_3P1010551_2

そして長い宴へと。。。というのは、スイスでもそうでしたが0時までいるのが礼儀なのです。日本の披露宴は2~3時間だと言ったら驚かれました。

P1010566_2P1010568P1010569P1010584_2

従妹ちゃんからの【幸せになるためのレシピheart】で作ったケーキのプレゼントlovely

P10105851P10105881

始まりはもちろん 新郎新婦のファーストダンスからnotes

P10105761_2

2時過ぎにお開きとなりました。。。night

ウェディングドレスはレンタルもあるけど買ったと聞いたので本人に聞いてみると、今年に入って何軒か回ったらお店の人に遅すぎると言われたけれど、仕立てる訳じゃなかったし調整だけしてもらったそうです。なんと丈が190cmの人も着られる長さになっているらしいのでwobbly「お母さんと見に行ったら気に入ったのを見つける事が出来なかったんだけど、シェフの奥さんと別のお店に行ったら見つけたのhappy02彼も気に入るといいなぁheart01」と、ドタバタの前日にほんの一瞬うっとり話してくれたので、もっと色々聞いてみれば良かったsweat01と後から思ったのでした。

Liebe Vera,

Lieber Markus,

alles Gute fuer die gemeinsame Zukunft.

|

« お孫ちゃん | トップページ | ドイツ訪問記Ⅱ:マジパンの街へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お天気もいいし、最高の結婚式日和ですね。
お二人も幸せそうだなぁ♪

しかし、市場の色とりどりのことよ!
ファッハヴェルク様式?の家も、いかにもドイツ風だし、なんかすごく家庭的な暖かみが感じられていいですね。

meggieさんにとって、ここは第二の古里なんだね♪

投稿: hachibei | 2010年8月10日 (火) 09時41分

本当に素敵な結婚式♪
日本の、業者お仕着せのとはえらい違いですね。

朝食パンのシュニッツェルじゃない、プレッツェル?大好き!

SieとDuもそんなふうに変わるのですね。昔読んだサガンの小説にVousとTu、チュトワイエが出て来てステキ~なんて憧れたものです。

そしてmeggiさんがこの地でとても愛されて生活していた事が良く分かって、うるるん滞在記を思い出しました(;;)

投稿: ししょう | 2010年8月10日 (火) 14時06分

お帰りなさい!!
お心温まる結婚式は、きっとmeggiの参列も彼らの中では、計算され尽くされていたのでしょうねheart04
昨年の9月(八ヶ岳)と今年の5月(ボストンと横浜)にて、個性的な結婚式に参列させて頂ける幸せに恵まれ、それぞれに感動しましたが、ドイツの結婚式もとても家庭的で、幸せ感がたっぷりが伝わっていますlovely
次ぎはそろそろオーナーシェフの順番だと嬉しいのですがbellsign02
日本は、酷暑・猛暑からなかなか抜け出せませんが、涼しくなる季節を期待して、又、お仕事をなさって下さいねsun

投稿: キリン | 2010年8月13日 (金) 22時33分

>hachibeiさん
この日だけスカーッと晴れました(笑)
Fachwerkhausは貴重なので、法律で壊してはいけないと決まっているのですよ。リフォームする時も外壁や重要な柱は残しておかなければならないのです。
街の方に声をかけられて、嬉しかったです♪


>ししょうさん
私、ドイツの朝食が大好きなんです。
なんだかこの街では外国という気がしません。不思議な感覚です(笑)


>キリンさん
ここ数年結婚式が続きますね。(そして今は出産ラッシュ)ドイツでも言われましたし、みなさんに言われますがこればかりはどうしたものか・・・(苦笑)

投稿: meggi | 2010年8月20日 (金) 00時14分

super gemacht Megumi
Vera und ich haben uns sehr gefreut das du zur Hochzeit gekommen bist.
Dein Report von der Hochzeit mit den Bildern sieht auch gut aus.
Vera & Markuswink

投稿: Vera & Markus | 2010年8月31日 (火) 20時08分

>Vera & Markus!
Hat Ihr alle Bilder gesehen?ich glaube kann man es ausdruecken lassen.Heute Christmas Balls sind angekommen!Ich warte noch auf Adventskalender.Danke,dass Ihr fuer mich geholfen hat.

投稿: meggi | 2010年9月23日 (木) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232446/36093823

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ訪問記Ⅰ: アットホームな結婚式:

« お孫ちゃん | トップページ | ドイツ訪問記Ⅱ:マジパンの街へ »