« ヘクセンハウスに会える場所 | トップページ | もうすぐバレンタイン »

2015年

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。

 そして 新成人の皆様 おめでとうございます。

P10400581

冬休みを頂いていた間の一日、姫路の香呂にある日本玩具博物館にお邪魔してきました。遠いようでお昼には姫路に着いて、近いものですね。

入る前からとても趣のある博物館、学芸員の尾崎さんが丁寧に説明してくださいました。

特に、縮緬(ちりめん)の江戸時代のオリジナルのデザインを細工物用に70%に縮小して京都の職人さんに何度も交渉の末、特別に作って頂けるようになったお話など、感動でした。

20150105_132943_8

入ってすぐのお部屋には、お正月に合わせて凧、コマ、すごろくなどが飾られていました。

20150105_133840

目的地の6号館。1月半ばまで展示されている「世界のクリスマス展」に間に合って伺う事が出来、菓子研究家の三久保様がこちらにお送り下さったアウスリーベのヘクセンハウスと再会!ヘクセンハウスに限らず全ての物が大事に扱われていて尾崎さんと館長さんの愛情が感じられました。

20150105_144636

1月6日を前に、キリストが生まれた時に星を目印にやって来た東方の三博士が献上した黄金と乳香と没薬のお話をヘクセンハウスの前でしてくださり、特別に焚いてくださいました。献上品は黄金以外の二つはお香だったのですね。

20150105_150508_2

1月23日~3月8日までは依頼を受け、目黒雅叙園の百段階段にお雛様を出張展示されるそうです。江戸後期の享保雛、古今雛、明治・大正・昭和の御殿飾り雛、ちりめん細工などが出品されるようです。200年近くの時を超えて生まれ故郷の江戸へお里帰りすることになるお雛様など、ロマンを感じます。壮観に違いありません。

|

« ヘクセンハウスに会える場所 | トップページ | もうすぐバレンタイン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1232446/58564261

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年:

« ヘクセンハウスに会える場所 | トップページ | もうすぐバレンタイン »